HOME > WORK > 酒井 啓
INTERVIEW
経験のなかった茶室。
一から勉強して完成させ、
年間の最優秀賞を受賞。
神奈川支店
横浜北営業部たまプラーザ店
酒井 啓
Kei SAKAI
都市環境学部
都市基盤環境学科(土木)卒
2009 年入社

現在の仕事内容

当社のリフォームエンジニア(RE)は、リフォームを進めるプロセスに必要な4つの業務をひとりで担当します。4業務とは「営業、設計・積算、現場管理、アフターフォロー」のことで、要は最初から最後まで全部やるということ。お客様への一貫した対応を通じて「生涯のおつきあい」をするのが仕事です。工事期間が数ヶ月間もかかるような規模の大きい案件は、施工管理担当と業務を分業しますが、比較的小規模な案件はREがすべて担当する体制です。私が所属するたまプラーザ店は横浜市と川崎市を中心に神奈川東部をカバーしています。戸建てのお住まいが約7割で、またお客様も比較的高所得者層が中心のエリア。住まいへのこだわりをお持ちの方が多く、お客様と初対面で打ち解けるコミュニケーション能力と、工事や商品などリフォーム内容に関するお客様以上の知識が必須だと感じています。

ミサワホームイングで働く魅力

学生時代、自分の部屋の内装を変えたとき「照明器具ひとつでこんなに雰囲気が変わるのか」と驚いた経験があります。それがリフォームに興味を持ったきっかけでした。実際に今リフォームの仕事に就き感じるのは、「さまざまな苦労を経て形になり、お客様も自分も満足する空間ができあがった時の喜び」です。しかも当社はREがひとりですべてを担当するので、完成時の喜びもひとしおです。また仕事内容に加え、働く環境にも恵まれていると感じます。入社当初、トレーナーとして面倒を見てくださった先輩社員が、今は私の所属する店の店長となっているので人間関係はとても良好です。また社内の雰囲気も大変明るく、「皆で助け合おう」という気持ちを持った方ばかりなのでとても働きやすいです。もちろん皆の期待に応えて私もさらに成長し、より一人でも多くのお客様と「自分と関わらなければ生まれなかったであろう住空間」を作り上げていきたいです。

コンテスト最優秀賞を受賞

当社では年1回「デザイン・コンテスト」という社内イベントが行われています。これは実際に工事が完成した案件をその担当者が出品し、社員が投票するという制度。私は2016年のコンテストで最優秀賞を受賞しました。それがこの戸建ての案件で、2階にお茶室を作りました。お客様の奥様が茶道の先生をされている方で、「自宅に茶室がほしい」とご要望をいただきました。私は茶道の経験は皆無でしたので、「一から勉強させてください」と良い意味で開き直り、お客様から資料をお借りして読みあさり、茶室を工事した経験のある大工さんにお話を伺ったりしながら知識を深めました。出来上がりには大変ご満足いいただいた上に最優秀賞まで受賞でき、大きな達成感を得ることができました。この仕事はお客様の生活に密接しているので、お客様の趣味、趣向、年齢、職業等によって幅広い知識や教養が求められます。

ONE DAY SCHEDULE

08:30 出社。まずはPCを立ち上げてメールをチェック。
その後現場を一カ所見てから9:30の朝礼に間に合うよう営業所へ戻る。
10:00 お客様宅に出向き商談。戸建ての全面改装の案件で、この日が初回訪問。
まずは自分を気に入っていただくよう努める。
12:00 ランチ。
13:00 戸建て住宅の水廻りのリフォームの案件で商談。ご提案とお見積りを気に入っていただけた。
15:00 担当する工事の現場へ。お客様からのご質問に回答し、その場で分からないことは宿題に。
17:00 営業所へ戻る。今日の業務の整理とメール対応。
20:00 明日の商談の準備をある程度済ませてから退社。