HOME > BUSINESS FLOW > ミサワホームイングのリフォーム
BUSINESS FLOW
お客様と共に作り上げていく
リフォームの仕事。
モノづくりに興味があれば、
ここは最高のステージになる。
東京東設計部東京東設計課
原 あかね
Akane Hara
工学部建築学科卒
2001 年入社

入社のきっかけ

私は転職でミサワホームイングに入社しました。前職は戸建て分譲、マンション分譲、リフォーム、不動産仲介など幅広く手がける大手の総合不動産会社。新卒で入社し、数ある事業分野の中でリフォーム課に配属されました。その会社でも当社と似た担当者一貫体制を布いていましたが、実態は営業色が強く、設計、施工など技術や現場のスキルを磨きたくなり数年で退社しました。もともと父親が建築関係の仕事をしていた関係で建築業界の様々な職種に興味があり、別の会社で新築住宅等も経験しました。しかしリフォームの仕事の面白さは忘れがたく、前職の経験や知識も生かせますし、何より「これからはリフォームの時代」という思いもあり、リフォーム専業の大手である当社への転職を希望しました。最初は埼玉県所沢市の地域密着型店舗に配属になり、その後いくつかの拠点を経験して現在の東京東設計課に異動、今年で3年目になりました。

この仕事のやりがい

当社の場合、大規模工事は原則として、REだけでなく設計担当者、施工管理担当者と共に対応します。現在私が担当するのは設計で、図面提案、デザイン、設計を行っています。リフォームという仕事は、「不満や不具合があるところを新しくキレイに作り替える」のが大原則ですから、完成後の建物は便利で安全、快適な空間に生まれ変わるべきだと思います。そうした変化をお客様と共有しながら共に造り上げていくプロセスに大きなやりがいを感じます。だから、後の行程の担当者に引き継いだらもう知らん顔という考えでは、お客様にご納得いただけるリフォームは実現しないと思います。着工後も自ら現場に足を運び、この目で見て、お客様と常にコミュニケーションをとりながら作り上げていく。リフォームはそれが一番大事なことではないでしょうか。そして完成後には、「暮らしやすくなった」「便利になった」「快適になった」等の謝意を直接いただける。それが達成感を感じる瞬間です。

今後の目標

リフォームは新築と違い解体しないとわからないことが多く、現場での「経験」がモノを言います。私より経験豊富な職人さんと上手にコミュニケーションを取りながら、現場で多くのことを勉強させていただきました。また私自身「モノづくり」に興味があるので、現場に足を運ぶのはむしろ楽しいと感じています。ただ、入社当時は、見積り金額が予算と合わないなどの苦い思いも経験しました。そこで「妥協せずにお客様のご要望を実現するためには高度な知識が不可欠、それには資格が必要だ」と思い立ち、今は一級建築士の資格も取得。おかげで知識やスキルが増え、自信を持って職人さんに要望が言えるようになりました。自分自身、資格取得によって成長したなと感じています。今後もそうした経験や知識を生かしながら、リフォームという仕事の面白さ、素晴らしさを後輩たちに伝えていきたいと考えています。