住宅インスペクション・
インスペクション

既存住宅を対象に、構造の安全性や劣化の状況を把握するために行う検査・調査をいう。
住宅インスペクションは、目視等を中心とした現況把握のための検査、耐震診断等の破壊調査を含めた詳細な調査、性能向上等のための調査など、目的に応じて異なった内容で実施される。

中古住宅の売買に当たっては、現況把握のための検査が実施されるが、そのためのガイドラインとして「既存住宅インスペクション・ガイドライン」(2013年、国土交通省)が公表されている。 同ガイドラインの概要は次の通りである。

1)インスペクションは、検査対象部位について、目視、計測を中心とした非破壊による検査を基本にして、構造耐力上の安全性、雨漏り・水漏れ、
設備配管の日常生活上支障のある劣化等の劣化事象を把握する方法で行なう。
2)業務の受託時に契約内容等を検査の依頼人に説明し、検査結果を書面で依頼人に提出する。
3)検査を行なう者は、住宅の建築や劣化・不具合等に関する知識、検査の実施方法や判定に関する知識と経験が求められ、住宅の建築に関する一定の資格を 有していることや実務経験を有していることが一つの目安になる。
4)公正な業務実施のために、客観性・中立性の確保(たとえば、自らが売り主となる住宅についてはインスペクション業務を実施しないなど)、守秘義務
などを遵守する。

国土交通省は、改正宅地建物取引業法の施行に向けて、建物状況調査(インスペクション)関連の体制整備へ準備を進める。重要事項説明で用いるインスペクションの有効期間は1年間とする。

まずは住まいの「健康診断」を。
特に、雨漏りと構造的なゆがみに
ついては、
必ず確認することを
おすすめします。

安心して中古住宅を買うためには、住宅インスペクションが必要です。住宅インスペクションとは、例えるなら「健康診断」。 すべてが完全に分かるものではないけれど、兆候が見えてくる。 そうすれば、もう一度詳しい検査をしましょう、そして悪い部分が見つかればきちんと直していきましょう、というステップに進めますよね。

住宅インスペクション
リフォーム提案の信頼性アップ!

全・安心のためのリフォームには、的確な住宅検査が不可欠です。
やみくもに修繕工事をしても費用がかさむばかりで安全の担保にはなりませんし、お客様の信頼も失います。
自信を持ってリフォーム提案するためにも、お客様にも安心していただくためにも、第三者が行う適格・適正な建物検査は非常に重要なのです。

インスペクション
(既存住宅現況調査)の市場動向

一般社団法人不動産流通経営協会の住替え意識調査では新築にこだわらず、中古住宅を取得するケースが増加し、首都圏では平成28年新築マンション購入者数より中古マンション購入者数が上回りました。
しかし、中古住宅を購入する時、不安な事の一つに既存住居の品質・性能が良く分からない事があげられます。
このような中、中古住宅の状態を把握できるインスペクション(既存住宅現況調査)のニーズが高まり、また、税制優遇処置を受けるケース、長期優良住宅化補助金活用のケースなどでもインスペクションの利用が増えています。
平成30年4月からは中古住宅の購入時に不動産業者によるインスペクションの斡旋の義務化が始まる予定です。

インスペクション(既存住宅調査)は、
インスペクター(専門検査員)が行います。

調査は建築士・建築施工管理技士の有資格者で既存住宅現況調査技術者の指定講習を終了したインスペクター(専門検査員)が行います。
ミサワホームイングには35人のインスペクターが在籍し、以下の調査を対応しています。
①中古住宅・マンションを購入する際の中古住宅の現況調査
②自宅のリフォームを予定する際に長期優良住宅化補助金活用の現況調査
※ インスペクションは対象住宅に生じている劣化事象等の有無を確認することを目的としています。
※ 建築基準法適合状況、耐震性能判定、住宅の構造耐力上主要な部分や雨水の進入を防止する部分に隠れた瑕疵がないことを保証することを目的にはしておらず、 実施するにはインスペクションとは別な専門調査がオプションとして行う必要があります。

インスペクションのメリット(購入者)

1.専用検査項目のチェックシートでインスペクター(専門検査員)が調査するので安心です。
2.経年劣化・不具合から改善点、補修が必要な箇所・概況がわかる。
3.中古住宅の既存状況を理解してから購入判断できる。
4.報告書を基にリフォーム工事を検討できる。
5.長期優良住宅化補助金に使用できる場合がある。
6.中古住宅の売り主側は購入者の不安感を取り去り、販売しやすくなる。
7.購入後・売却後のクレーム・トラブルが減少する、

インスペクション調査方法

インスペクションは一般に目視と計測を組み合わせた非破壊手法で行います。戸建住宅の小屋裏・床下は点検口から目視可能な範囲、マンションでは専有部分およびバルコニーから目視可能な範囲が調査対象です。
主なインスペクション対象とする劣化事象は以下の通りです。
①構造体力上の安全性に問題のある可能性がが高いもの。
 (例)蟻害や腐朽・腐食、傾斜、躯体のひび割れ・欠損等
②雨漏り、水漏れが発生している、または発生する可能性が高いもの。
 (例)雨漏りや漏水等
③設備配管に日常生活上死傷のある劣化等がしょうじているもの。
 (例)給排水管の漏れやつまり等
※ 目視で確認できない部分はは劣化状況等が確認できないため、検査の対象外となります。インスペクション契約時に調査対象と対象外を明確にします。 ※ 点検口から進入して実施する検査は依頼主の意向等に応じたオプション検査と位置付けられています。

店舗情報

東京支店

東京西支店

神奈川支店

町田厚木支店

東関東支店

西関東支店

埼玉県

群馬県

資産活用営業部

ミサワホームイングネクスト